Home未分類>熱中症対策には、カラフルな夏野菜を摂りいれよう! (脚やせ専門エステ リフィート北千住店)

Tue2016.07.05

熱中症対策には、カラフルな夏野菜を摂りいれよう! (脚やせ専門エステ リフィート北千住店)

皆様こんにちは♪(o・ω・)ノ))
北千住店スタッフの渡邉です

今日は涼しくて過ごしやすい気候ですね
昨日までの暑さがウソのようです(゚д゚;)

しかし、夏本番はこれからです
熱中症対策をしっかりして行きたいですね

湿度と気温が高い気候が続き、“ベタベタな汗ばかりかいてしまう“
“身体が重く、さらに食欲もわかない“という方も多い方も増えてくる時期です

夏に不足しがちなカリウムやビタミン類といった栄養素を、
カラフルな夏野菜で美味しく補給し、夏バテや熱中症を予防しましょう

■代表的な夏野菜
------------------
キュウリ
キュウリには、汗をかくことにより不足してしまう
“水分”と“カリウム”が多く含まれています。
カリウムは、利尿作用が高く、身体にこもった熱を排出し、
身体を冷やす効果があるので、夏バテに効果的です。

トマト
トマトには“リコピン”という成分が多く含まれています。
夏場に多い紫外線によるダメージは、肌トラブルを起こしやすくなります。
リコピンは、コラーゲン生成を促進させることから美肌効果が期待できます。

ゴーヤ
ゴーヤは“ビタミンC”を多く含みます。
夏場に汗とともに失われやすい“カリウム”も多く、
むくみを解消し滞った代謝を促進させる効果があります。
特有の苦み成分は、食欲を刺激して夏バテ予防に働きかけます。
ゴーヤの苦味が気になるという方は、白い綿の部分をしっかりとり
塩もみすることで、苦味が抑えられるので試してみて下さい☆

ナス
ナスには“食物繊維”が豊富に含まれています。
さらに“ポリフェノール”も含んでおり、身体を冷やす効果があります。
夏バテには油調理した温かい野菜を摂ることが良いといわれていて、
スポンジのように油を吸収するナスが適任。
栄養素を体内に運び、吸収しやすくする働きがあります。
------------------

暑い日だからこそ、たくさんの栄養を摂って
熱中症にならないよう対策しましょう

CIMG2932.jpg


instagram始めました
--------------------------
refeat_official で検索♪
instagram  followme
--------------------------

FACEBOOKはコチラ
LINEはコチラ




今なら、初回限定!!
脚やせ体験コース\3240で実施中

脚が細くならない原因がその場で分かります

ご予約はこちらです

北千住店のお客様BeforeAfterデータ
見ごたえたっぷりですこちら

COMMENT

TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://refeatkitasenju2009.blog84.fc2.com/tb.php/1680-be6ba7ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)